up-housingのblog

タグ:新築

こんにちは

こんんにちは

今日はアップハウジングの新築戸建ての

お声がけが増えてきているので

【何故?】

の疑問にお答えすべく

今回は

図解でご案内いたしますね。




選ばれる理由!4選 
何故アップハウジングの新築が選ばれるのか


それではどうぞ!


スライド1


メリット1つ目から!


スライド2

スライド3


次々行きますよ

スライド5

そして

スライド6


如何でしょうか?

ちょっとでもいいなぁって感じて貰えたら

お気軽に

ご相談、ご質問 頂けること 

おまちしています!

06-6303-2255

その他 アップハウジングのリンク先

こんにちは

こんにちは

JR駅からも阪急駅からも徒歩範囲

塚本5丁目に アップハウジング 
販売中の建築条件つき土地のご案内です。

広さ88㎡の土地に

プランとしてご用意しているのは

スクリーンショット 2021-10-11 115302

2階建て
3階建て

変更可能なプランをご用意しています。

3区画の中1区画は契約いただけたので

残り2区画が現役です!






少しでも気になったらお電話
もしくは
各種SNSのDMでお待ちしています♪

こんにちは

こんにちは

最近思っている事をつらつらと書いています。

不動産の情報を毎日見ていると

自然と価格を見てしまいますよね。

そんな中

最近妙に戸建のお家が値段上がっている感じがします。question_woman_02_color


当然皆様が思っている通り

日本の人口は毎年20万人保護減っています。

なのでもっと空き家とかが出てきてもおかしくないのかなぁ。


簡単に考えると値段が下がっていく事も考えられるのでは?

と思うのですが

先日知り合いの不動産屋さんにお伺いしたところ

ある一説では

ネットの普及と一括査定サイト 

これが一躍買っているようなお話を伺った事もあります。

確かにこのサイトで相場よりも

一番高く売れるのが分かれば

その業者さんに販売を委託されますよね。


つまりどういうことか、

次はその価格帯が普通になってきて

購入できるお家も周り回って高くなっていく。

そう考えると妙に納得ができるなぁと
(すべてではありませんが、少しは影響があるのかなぁ)

この先どうなるのかは誰にもわかりませんが

当分大阪は 値段が上がっていきそうな気がします。
(個人の見解です💦)

こんにちは

 

こんにちは

 
最近よくキック【C値】とは何ぞや?
の話を簡単に説明しました。


先日は今流行の 数値【C】とは何だ?

→1㎡に想定される隙間のc㎡ の標記

 

では本日は

 

次によく見る 【Q値】 これはなんだ?


とてもとても

大きなカテゴリーで纏めてしまうと

(ちょっと大雑把ですが、分りやすくなるように。。)

 

どのくらい熱量が建物の中から外へと逃げてしまうのか、

というものです。


それを簡単に文字化すると


熱損失係数=室内の熱が外に出ていくのを数値化したもの。

(窓・床・外壁天井・屋根から)

 
っで、
その

【熱損失係数】とはどれだけの熱が


室内から外に逃げていくのかを数値化したものになります。



 

そして本題の【Q値】の計算方法は

計算方法はその熱損失量を合計し

その熱量の数値を床延べ面積で割った数値となります。

で、ですねその

出来上がった

Q値をどう判断したらよいのでしょうか?

簡単にかくと Q値は小さい方が良い!

house_dannetsu



つまり、この数値【Q値】は小さければ小さいほど

断熱性に優れている。

 

という考え方で問題ないかと思います。

もっと詳しく知りたい方は

このお手軽ブログでは説明するのが難しいと思いますので

ご了承下さいませませ!


では、数値の目的、見方しって

皆様にとってより良いお家を選べるようにして頂ければ幸いです。



こんにちは

こんにちは

最近CMなんかでもよく聞く

3つの言葉


UA値 C値 Q値 って何だろう?

よくわからないぃぃ。

そうですよね。。

いきなり【これ、凄いでしょ?】って言われても

戸惑ってしまいますよね。

なんかこれが有ると
美味しいの?

とか

これが高いと
どうなるの?

何か数値のトリックに 

びっくりオドオドしてしまいますが

ちょっとだけ深呼吸♪

大丈夫です(笑)

今日はちょうど新築のお家を

検査をしてきたので

ご案内いたしますね。
因みに
こんな感じで検査しています。

一番下の右端の数値が今回話題の値になります。

IMG_1176

この検査の結果
ちょっと密封し忘れた個所が有ったので
この検査後再検査をして
大幅に更に改善されたのですが
最終のデータの写真を撮影するの
忘れてしまってました💦

因みに
此方はごくごく普通のお家で

でもせっかくなので
少しでも気密性を上げてお家を建てましょう♪
って頑張っていただいたおうち。

少し読みづらいですが
写真の一番下の段の右端
(C値)って書いてます

その数値は
【2】を切っていたので
いわゆる
高気密のお家として考えられます。

では本題です!

【C】値とは

今回ご説明するのは

UA値、C値、Q値のうちの
C値のお話。

このC値とは。。。

お家1㎡の面積に対して
㎠の 隙間があるか?
point_woman_color

という数値になります

これが 【1】であれば 1㎡の広さに
1㎠の隙間が存在する!と想定されます。

つまりこのC値が大きければ大きいほど
隙間が多いお家
というイメージを。。って
なんか感じ悪いですよね。。。💦

なんというか、そう

風通しが良いお家


どうですか?
わかりやすいでしょうか💦

なので

東北や北陸以北の
冬の寒さが厳しい地域にお住いの方は

この数値をよく見て考えて頂くのも
よいかと思います。


ではでは!

このページのトップヘ